読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

切り株のブログ

食に幸せあり!!!太らない体に感謝!!!

「働く=生きがい 」パティシエの日々

今日は仕事のことで悩んでいる友達がいて、

私自身同じようなことがあったなぁ。。と思って

わたしのパティシエ時代のことを書きたいと思います(^ω^)

仕事の人間関係などでお悩みの方、みんな違うことで大なり小なり悩んでいます。わたしもそのうちの1人です(^_^)

ちょっと病み記事っぽくなってしまうので画像ちょいちょい入れていきます〜〜笑笑

 

わたしは製菓の専門学校を卒業後、兵庫県の某洋菓子店へ就職。

実家から離れて勤務先から自転車で10分のところへ引っ越ししました。

その会社は工場とお店があり、勤務は工場でした。

私は誰よりも努力したし、社長や先輩にもアピールして、同期の中でも仕事を早く教えて頂き、このまま頑張ってみんなとの差をつけようと思っていました。

 

f:id:mymelochan1019:20170206222502j:image

 

就業時間は朝の7時〜21時または22時(仕事が終わるまで)労働時間は12〜14時間、休みは週1日。給料は月給手取り11万。

時給に直せば380円だった!笑笑

今考えればとてつもない労働時間、それに見合わない給料でしたね(´・ω・`)

 

こんな過酷な労働環境、同期が次々とやめていきました。精神的なものや体調不良ですね。

 

工場勤務だった私がお店の方へ飛ばされました。

 

前向きに仕事に取り組んだ姿勢が評価されたのか工場長に可愛がって頂き、仕事終わりにご飯を食べにいったり、ウチにご飯を作りにきてもらったりしました(^○^)

そんな工場の人達とは離れて仕事をすることに。( ´△`)

 f:id:mymelochan1019:20170206222639j:image

 

そんな私に嫉妬したのか、社員の1人が私に嫌がらせをしてくるようになったのです。

お店に変わってから2週間経ってからのことでした(´ω`)

 

挨拶をしても無視、仕事のことを聞いても無視、私の横にわざときて邪魔って言ってきたり、わざと大きな音を立ててボールなど置いてきたり。。。

そしてそれは他の社員にも広がっていき、

仕事のことを聞いてもキレたような態度、無視に近い返事がかえってくる。

お店の同期がやめてしまい、わたしが1人になったとき

「あんた、やる気あるん?やる気ないから一回やっても覚えられんのやろ?仕事適当にやるな!」

「洗い物もできんのか!製菓学校で何勉強してきたん?役にたたんな!」

1つ順番を間違えるだけで、「誰がそのやり方教えたん?適当にせんといてか。みんな一生懸命やってるねん。」

と1時間に一回のペースくらいで理不尽に注意されました。(´ω`)

わざとわたしに聞こえるように、「あの子使えんわぁ、要領悪いし、最悪。」と言っていました。

 

1人暮らしでこのストレスは最強でした。

親に泣きながら電話何回しただろう、、

もうプライドもなにかも捨てて辞めたいと毎日思いました。

 

 

f:id:mymelochan1019:20170206222804j:image

 

 

ストレスで食欲がなくなり、1日1食の生活に

(>_<)

毎日職場で泣きそうになっても我慢して我慢して

家の玄関で目から溢れるように大泣きした。

休みの日でも明日仕事だと思うと胸が痛くなってキリキリした。( ´△`)

夜寝るとあさが来て、またあの地獄のような職場に行かなければならないと思うと、寝付けなかった。

毎日悔しくて、頑張ってるだけなのに、認められなくて、無視されて、はみごにされ、なんのためにわたしは実家を離れてここにきたの?

こんな生活が続き、わたしはとうとう笑えなくなったのです。

 

笑顔がひきつっていると周りから言われた。

こんなに泣いてばかりの毎日を変えなければとマイナス思考のわたしが考え出したのは

悲しいと言う感情をマヒさせて心をなくす。悲しいと思わなければ涙は出ないし傷つかない。

やってみたら本当に悲しくもなくなった。

わたしはある朝、車に引かれたら職場に行かなくていいと思い、道路を曲がってくる車に突っ込んでいった。

でも車はギリギリで止まって、運転手の男の人がかなり叫んで怒っていた、でもその時のわたしは、なんで止まったの?と思いながら、反面こんなことしちゃダメだなって思いながら、職場へ行きました。(´・ω・`)

死にたいと何回思っただろうか。

 

 

ある日、

ケーキを作りながら涙が急に溢れてきてポタポタ落ちてきて止まらなくなったのです。

周りの社員は気づいていたけど、オール無視。

わたしは負けたくなかったので涙を止めようとしましたが、溢れ続けどうしようもなくなりました。

そして、わたしは涙が止まらずお店の裏にいき、大きな声で泣きました。

感情を無くし悲しくないと思っていたけど、

溜まっていたものが急に溢れだし三時間以上、泣きました。そして過呼吸になり、体が痺れ、座ってられなかったです。

このまま死んでもいいやと思ったのも覚えています。

 

三ヶ月でこの職場を、辞めて実家に帰りました!

 

わたしは、働くことが生きていくということなら

これから生きたくないと本気で思った19歳の夏でした。

 

f:id:mymelochan1019:20170206222931j:image

 

でもそうは言ってられず、すぐに地元で働きました。

あのブラック企業を超える最悪な会社は今までなかったですね!笑笑

ただ、なんのために生きるのだろうかと毎日のように、思いました。

 

 

働くということは生活するためのお金を稼ぐことですよね?

収入がなければ生活できない=働かなければ死

という計算式ができあがってしまった。

 

でも労働収入と権利収入があることを知り

わたしは希望の光が見えました。

 

しかし、労働収入で働くことも楽しい職場もあったので、わたしはそんなに毎日病んでいたわけではありません。

生きがいというのは人生ですよね、自分の人生=仕事ではない。

自分らしく生きれる方法で生活したい。

やりたいことを後悔なくやりきる人生にしたい。

食べることが大好きで美味しいものいっぱい食べたいし、海外にもいきたい!!(^○^)

これから楽しいことをいっぱいやっていこうとも思うし!!!

 

わたしは今、派遣で働いているけど、人間関係もよくて、7時間勤務でお給料もそこそこあるから

この仕事で今はいいと思っています。

時間がある分、家に帰って料理やお菓子作り、アクセサリー作りと自分の好きなことに時間を使っています(o^^o)

まぁさらに時間があればいいなと思ってますが!

 

 

自分のやりたいことにもっともっと時間を使いたいなぁ!!(^_^)

 

なんか悲しいエピソードになってしまったけど

もし同じようなことで悩んでいる人がいたらと思って書きました。

 

ほんとに、「逃げるは恥だが役にたつ!」

です。笑

 

逃げても、あなたの人生の方が大切です。

生きることの方が大切だと、あのドラマを見て共感しました!!!!!!(^ν^)

 

今はこれからやりたいことやってやろう!って思うし何より一回しかない人生楽しみたい!!

 

f:id:mymelochan1019:20170206223108j:image